女性のキレイを応援する 矯正コラム

2013年5月 6日 月曜日

安い矯正治療@福岡天神


矯正治療の動的期間(ワイヤーを装着している期間)は、上述(早い矯正治療)のような治療を組み合わせればかなりのスピードアップにつながります。

したがって、治療期間が短いために、それだけ治療費も安くなるというごく単純な仕組みです。

抜歯矯正では、歯を抜くことで余分なスペースが出来上がり、それを閉鎖するのにかなりの時間を要します。
治療期間は実際のところ、2年半~3年というところでしょう。
カウンセリング時には、このような場合、一般的に2年~2年半と聞こえがいいように言いますが、
ただし、予期せぬトラブルが発生した場合、「半年ほど長くかかることがある」、と保険を掛けた概算で治療期間3年をお出しします。

ここでは、従来の歯を縛り付ける矯正法での治療期間を3年と仮定して、お話ししましょう。
まず、抜歯矯正ではなく、非抜歯矯正であるために、治療期間は1年ほど短縮されます。
そこで2年
次に、新陳代謝が確保されているデーモンシステムでの矯正治療であるために、治療期間の3割ほどが短縮されます。
それで2年×0.7=16.8か月=約1年半
最後にテクニカルスピードアップ(スライスを含む)で約3割の短縮が可能となります。
16.8か月×0.7=11.76か月=約1年
ということになり、上述の保険をかけても治療期間1年半との概算を出せるのです。

すなわち、従来の矯正治療の半分の期間で治療が可能となり、その分治療費を安くできるのです。
さらに、デーモンシステムでは、アポイントメント間隔(調整のための来院間隔)が6週間~8週間ですので、
従来の矯正治療より2分の1~3分の2の調整回数で治療可能となります。
従来の歯を縛り付ける矯正法では、早めに調整して一時的にでも新陳代謝を回復さることが望ましいから
4週間ごとの調整が必要となるとも考えられます。

このように、当医院の治療費は単純明快な計算のもとに他医院より安くなっておりますので、
合理的な治療費といえるでしょう。

ただし、SNSモニター会員様の治療費ですので、ご了承ください。

【ティース天神矯正センター】      
天神警固神社前ファミマのビルです。
tel 0120-122-867 e-mail contact@teeth-jp.net
                      
www.kyousei-fukuoka.com/


投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31