女性のキレイを応援する 矯正コラム

2013年6月 6日 木曜日

歯科矯正は美容医療の一種です!


歯並びがよくなることで、得られる美容効果は大きく分けて2つに分けられます。

それは、口腔周囲筋が正常に働く見た目のOuter beautyと食生活が充実することで得られる内からのInner beautyです。

Outer beauty
歯並びが悪いことで、下顎は、前後左右上下にずれてしまいます。
下顎は顎関節で上顎につながっており、歯並びによってその位置が変位します。
したがって、歯並びがよくなり、下顎が適切な位置で機能すれば、咀嚼筋やその上の表情筋など口腔周囲筋が、
最もきれいな形で、働いてくれるようになるのです。
つまり、歯並びの悪さは容姿に大きく反映し、矯正治療することでその容姿やスタイルが大きく改善されるわけです。
たとえば、下顎が左右にずれていれば、片側は表情筋が引き延ばされ、反対側は表情筋がたるむこととなるのです。
歯列矯正で、歯並びがよくなれば、上述の口腔周囲筋が左右均等に働き、バランスのとれた適正な顔貌になるわけです。
さらに、首周囲の舌骨筋群が正常となり、加齢の象徴である首の皺が浅くなっていきます。

Inner beauty
歯並びが悪いために咀嚼機能が不十分で、食物は丸呑み状態となり、消化吸収がうまくいきません。
そのため、胃や腸に負担がかかり健康を害しやすく、さらに余分な脂肪を蓄積することとなります。
矯正治療によって咀嚼機能が改善されれば、効率のいい効果的な栄養摂取が可能となり、
健康的で無駄のない体を維持することが可能となります。
また、発音機能も改善されることで、友人関係や仕事関係もスムーズとなり、
精神的な面でも健康につながるわけです。
【ティース天神矯正センター】      
天神警固神社前ファミマのビルです。
tel 0120-122-867 e-mail contact@teeth-jp.net
                      
www.kyousei-fukuoka.com/



投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31