女性のキレイを応援する 矯正コラム

2013年11月 8日 金曜日

矯正豆知識~歯を動かす力

今回は歯を動かす力についてのお話です。
歯を動かすためには動かしたい方向にむけて力をかける必要があります。ではどのくらいの力をかけると良いのでしょうか?
大きな力でグーっと引っ張ったり押したりすると大きく動くイメージがありますが、実はそうではありません。大きな力をかけすぎると逆に動きが小さくなることが分かっています。その大きさはそれぞれの歯の根っこの表面積に関連しています。奥歯の方が前歯よりも大きな力が必要となる傾向になります。
矯正治療の方法として、動かすための装置とワイヤーを細い金属線で結んで固定する方法がありますが、大きな力がかかりやすいということがありました。
当院で採用している、「セルフライゲーティングシステム」という方法の装置では、ワイヤーが固定されてないため摩擦を伴いなが滑る(動く)ことができるためより優しい力をかけることが可能です。
適切な力で無理なく無駄なく歯を動かしていく"スピード矯正"。あなたのお口のお悩みを解決する手助けになるかもしれません。                                                                  
【ティース天神矯正センター】      
天神警固神社前ファミマのビルです。
tel 0120-122-867 e-mail contact@teeth-jp.net
                      
www.kyousei-fukuoka.com/

 



投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31