女性のキレイを応援する 矯正コラム

2013年11月29日 金曜日

思い立ったが吉日

なかなか矯正に踏み切れないという人でも、成人式、結婚式といった特別なイベントをを直前に控えると、重たい腰を上げて、矯正専門医を受診されます。
しかし、歯並びの状態によっては、短期間で治療するのが難しく、せっかく決心したのに、望みが叶わない可能性があります。

歯の根っこは、歯槽骨という骨の中に埋まっています。矯正治療では装置で持続的に適切な力をかけながら少しずつ歯を動かしていきます。治療開始から、歯を動かし終えるまでには、だいたい2年前後の期間を要します。
つまり大きなイベントのために矯正治療をするのなら、理想的には2年以上前から治療を受ける必要があるのです。

成人式など、時期が決まっているイベントに対して準備することはできるでしょう。
しかし結婚式などは2年以上も前から日取りが決まっていることは少なく、キレイな歯並びで結婚式を挙げたいと思って治療を希望される場合に6ヶ月くらい前に来られることが多いのですが、望みがかなわないという可能性があるのです。

ただし、全く手がないかというと、そうではありません。多くの場合、前歯がある程度キレイになれば、気持ち良く、大事なイベントを迎えることができます。矯正治療の最初のステップは"レベリング"と呼ばれ、この段階で上下すべての歯のデコボコを治します。この期間は6ヶ月以上かかります。つまり、6ヶ月の期間があれば、一番気になる前歯の歯並びが真っ直ぐになっている可能性があります。結婚式直前に装置をいったん外して、結婚後に再装着すれば、当初の希望は叶ったことになります。また、裏側からの見えない矯正なら、いったん外す必要もありません。

大切なイベントのために、矯正治療を決断したら、時間を大切にすぐに受信をされることをお勧めします。
また、当面そのような予定がなくても、いつやってきても平気なように、歯並びが気になった時点ですぐに治療を開始すべきでしょう。

あなたが思っているほど、ハードルは高くはないですよ。思い立ったが吉日なのです。                                                                  
【ティース天神矯正センター】      
天神警固神社前ファミマのビルです。
tel 0120-122-867 e-mail contact@teeth-jp.net
                      
www.kyousei-fukuoka.com/








投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31