女性のキレイを応援する 矯正コラム

2014年1月21日 火曜日

矯正中の歯磨きについて

寒い冬。おいしいもの、甘いものが恋しい季節ですね。
皆さんは食後や寝る前に歯磨きをする習慣はついていらっしゃいますか?

矯正中は歯磨きがより重要になってきます。
まず、矯正治療中は歯に装置を付けているのでその周囲などが虫歯になりやすい場所となり高いリスクと隣り合わせの期間といえます。
また、歯周病のリスクを回避して矯正治療後もしっかりとした健康な土台(歯槽骨)とするためにも口腔内は清潔に保つ必要があります。
治療中で磨きにくい口腔内の清掃の強い味方はワンタフトブラシです。鏡で見ながら丁寧に掃除していくとすっきりと磨くことができます。

ワンタフトブラシでもなかなか難しい、大きな隙間がある、というときは「歯間ブラシ」がオススメです。歯間部のすき間はもちろん、たとえばブラケットのフックの下や、ワイヤーの下の歯と歯の間の清掃に最適です。歯間部に入れて、ゾロッと汚れが取れたときの爽快感はクセになるものがあります。
大きさは細すぎるとスカスカで密着しませんし、大きいと歯ぐきを傷つけることもありますので、大きさが分からない方はぜひスタッフにお尋ねください。

歯磨きの癖など、プロの目から見た個別のアドバイスもできることがあると思うので、お気軽に清掃についての相談もしていただけると良いと思います。                                                                  
【ティース天神矯正センター】      
天神警固神社前ファミマのビルです。
tel 0120-122-867 e-mail contact@teeth-jp.net
                      
www.kyousei-fukuoka.com/





投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31