女性のキレイを応援する 矯正コラム

2017年7月 6日 木曜日

矯正治療をすると虫歯になりやすい?福岡県中央区の当院で治療中の予防ケア

矯正治療を始めるとむし歯になりやすいといわれています。

これは矯正治療で装着するワイヤーやブラケットが邪魔にり、歯ブラシが届きにくい場所が出てくるからです。磨き残しが多くなりそれらがむし歯の原因になるということです。せっかく、矯正治療をしていても、むし歯になってしまっては元も子もありません。そうならないためにも、矯正治療中は普段よりもこまめなケアが必要です。

福岡県中央区にある当院では、矯正治療中の口腔ケアを徹底しています。患者様が自宅で適切に歯みがきできるように、矯正で使用する装置にあわせた歯ブラシ、フッ素やフロス(糸ようじ)をご紹介しています。

毎月の通院時は虫歯のチェックを行い、きちんとブラッシングできているかを確認します。茶渋やタバコのヤニなどの着色については、エアフローという機器を用いて綺麗にしています。水と炭酸水素ナトリウムなどの粒子を歯の表面に吹き付け、バイオフィルムなどの汚れを表除去するものです。歯を傷つける心配がなく、また痛みもありません。

当院では、矯正治療中も虫歯対策をしっかり行っています。少しでも矯正治療に興味がある方は、当院までお気軽にご相談ください。カウンセリングと検査を無料で行っています。

投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31