女性のキレイを応援する 矯正コラム

2017年7月31日 月曜日

矯正治療と抜歯。矯正の相談は福岡市中央区の当院へご相談ください

現代人は歯に対して顎がやや小さめなため、矯正治療に抜歯を伴う処置が行われることがあります。

抜歯をする際は、もっとも影響を少なくするために小臼歯という奥歯と犬歯の間の歯を抜くのが一般的です。小臼歯は片方に2本ずつ生えており、1本抜いても機能的に問題がありません。当院では、口内の状態を検査し、どの歯を抜くかを適切に判断しています。もちろん、患者さんの同意なしに抜歯することはありませんのでご安心ください。

このように、矯正治療には抜歯が有効な方法です。しかし、矯正治療はしたいけれど、抜歯はしてほしくない、というご要望は多くの患者さんが持っています。矯正治療技術は年々進化し、抜歯をしなくても矯正出来る方法も多くあります。

例えば顎を広げる治療を行うことで抜歯を回避できます。また当院のインプラント矯正やデイモンシステムで顎を広げたり歯を移動させることで矯正する方法もあります。

患者さんの口内の状態を詳しく見てからひとりひとりに合った方法を提案していますので、少しでも興味のある方は福岡市中央区の当院までご相談ください。相談や検査は無料で行っていますので、どうぞお気軽にお越しください。

投稿者 福岡ティース天神・矯正歯科センター

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31