歯科矯正は美容医療! メスを入れない小顔矯正はTeeth天神!

歯科矯正は美容医療の一つです

歯科矯正は美容医療の一つですのイメージ

歯並びがよくなると、心にも体にもいいことがたくさんあります。心理的には、自分に自信がついて、人との関わりに積極的になれます。身体的には、骨格が整いスタイルが改善されたり、正しい食事量で満足できるようになったりと、見た目もぐっときれいに変身するきっかけになります。歯科矯正はメスを使わない美容医療なのです。

歯の矯正治療で、エステで行う小顔矯正並みの結果が出る

当医院は歯科ですので、治療のメインは歯列の矯正。それにも関わらず、以下のようにたくさんの効果があります。その理由は、口元が全身の美しさの源だからでしょう。食べること、話すこと、体を動かすこと。すべてが楽しくイキイキしてきます。アンチエイジングも美肌もおまかせ。あなたの毎日を輝かせるために必要な美しさを、歯の矯正治療で取り戻しませんか?

エステと歯科治療との小顔矯正の違い!

エステと歯科治療との小顔矯正の違い!のイメージ

小顔矯正には、エステで行う関節の歪みを改善し、頭蓋骨縫合のずれを矯正することで、咀嚼筋、表情筋の適切な表現を回復させる方法や美容外科での骨削りや骨切りによる外科的小顔矯正が、よく知られています。
しかし、エステでの小顔矯正では効果が長続きしないとか(1年に最低3回ほど施術)、美容外科では骨削りや骨切りといった外科的負担がかなり大きいといった問題があります。

歯科では、矯正のためのスペース確保の抜歯や歯列の後退による歯科的小顔矯正を行います。
親不知の抜歯や小臼歯の抜歯により、抜歯周囲の骨が縮むため、美容外科での負担が大きい骨削りと同等の小顔効果が現れるのです。また、エステと違って、骨形態の修正が行われるため効果は永続的です。
さらに、歯列を後退させることで口元が引っ込み、相対的に鼻筋が整って見えるようになり、下顎顔面がくっきりしてきて、顔立ちがシャープになるのです。また、同時に噛み合わせも治療していきますので、咀嚼筋が機能的に正常となり、口腔周囲筋などの表情筋も鍛えられ、よりシャープに、より小顔となるのです。
口腔周囲筋の中で口輪筋というものがありますが、この筋肉も活性化し、唇にメリハリが出来てきてきれいな唇をつくり出してくれます。咀嚼筋の中で、舌骨上筋群、舌骨下筋群というのがありますが、これらにも同様な効果が現れ、首筋もシャープに整ってくるわけです。その結果、全身的なバランスが改善され、スタイルもよりよくなってくるというわけです。

ただし、歯科的小顔矯正は、あくまでも矯正治療の産物であり、適応症に制限があります。
抜歯症例でないケースで抜歯すると、抜歯スペースがクローズされないことや、前歯部の歯軸傾斜の限界を超える場合があり、このようなケースでは、ブリッジやインプラントの併用をせざるを得ないことがあります。
したがって歯科的小顔矯正する場合には、十分に相談の上、検討することが大切です。