HOME > 当院の強み・拡大スライス矯正
当院の矯正治療費の安くなる理由とは!?

デーモンシステム

当医院の矯正システム・・・アメリカンスタイルのイメージ
当医院の矯正システム・・・アメリカンスタイル

当医院では表側矯正にデーモンシステムを採用しております。
このシステムは、約15年前に開発されたものですが、2000年以降急激にシェアを伸ばし、現在では200万症例以上に達しています。
短期間に、これほど世界中に広まったのは、単に新しい技術の出現というだけでなく、矯正治療におけるパラダイムシフトといって過言でないほどの画期的な矯正システムであると言えるのです。

デーモンシステムは、デーモンブラケットという超精密な矯正装置と、最先端のハイテク技術でつくり出された形状記憶合金ハイテクワイヤーから成り立っています。
従来の矯正システムでは矯正装置(ブラケット)にワイヤーを強くしばりつけた状態で行っていましたが、デーモンシステムでは、デーモンブッラケットにハイテクワイヤーを軽く接触させているだけで、強く縛り付けない方法をとります。
そのため、ブラケットとワイヤーの間に大きな摩擦力が発生せず、弱い力で歯が動いてくれるのです。
氷の上ではものが滑りやすくなるのと、同じことが起こるのです。

このようにデーモンシステムでは、自然な力、つまり、患者さん各人の持てる力を引き出して矯正治療を行いますので、いろいろなメリットが得られることとなります。デーモンシステムは体にやさしい矯正システムです。
詳しい話は長くなりますので、ここではそのメリットを箇条書きにてお知らせいたします。

当医院は、デーモン症例数が九州一であり、17年を超える矯正歴のクリニックです。

当院の強みである拡大スライス矯正!

当院の強みである拡大スライス矯正!のイメージ
アメリカとヨーロッパの融合拡大スライス矯正

当医院では、アメリカスタイルとヨーロピアンスタイルの両方のいいところを取り入れ、拡大スライス矯正を行っております。
抜歯矯正では、抜いた歯は二度と戻ってきません。やり直しがきかないのです。それに対して、拡大スライス矯正は歯を抜きませんので、治療の選択肢が残っているのです。
抜歯をしてしまうと、口元が落ち込んで老け顔になったり、三日月フェイスになっても元に戻すことができません。
拡大スライス矯正をしてみて、ほんとに抜歯が必要なら、その時に決断すればいいのです。
治療には選択肢が残っていることが、大切だと思います。
抜歯シミュレーションでは、老け顔や三日月フェイス、皺ができた顔は見せてくれません。後悔先に立たず、です。
体にやさしい拡大デーモンシステムと、治療期間を短くしてくれるスライス矯正のコラボで後悔しない矯正治療をお受けください。

ちなみに、従来の矯正システムでは、ワイヤーやゴムで歯を縛り付けますので、血の巡りが悪くなります。
長い間正座して足がしびれたり、しもやけで手足がかゆくなるのと同じようなことが歯にも起きます。
デーモンでは、血の循環を妨げません。
またスライス矯正では、熟練したバーテクニックでスライスしますので、ストリッピング用のやすりでするのと違い、仕上がりがきれいです。
それに、小さな虫歯は消えてなくなりますので、穴を余分に掘って治療する必要はなくなるのです。

福岡では、拡大スライス矯正が可能なのは当医院のみです。

抜歯をすれば、抜いた歯は2度と戻ってきません。
日本では抜歯矯正が主流であるため、成人どころか、顎骨の成長が予想される子供たちまで抜歯されております。
抜歯の前に、今一度、抜かない矯正をご検討ください。